top of page

公園でお描き

又は、子供を外に出せるもう一つの方法!



2020年10月にやったアクティビティです。日本で住んでて、超ラッキーの感覚で覆われました。それはコロナでロックダウン相次いだのに、公園などの外での生活も続けられたからです。


公園に行ったら、遊び具がないところに子供がすぐ飽きちゃうことってありませんか。確かに遊び具があるところにな時間も過ごせるのに、うちの子は何も内広場が相手にしたら、ボールがあっても10分で飽きちゃいます。そのきっかけで、どうやって何もない自然のところにもっと長い時間をもっと楽しく過ごせるか、いろいろのアイディアを作り出しました。その一つは以下の通りです。


DIY好きな家族ですので、いつも切り落としの木素材が残っている状態です。そのいくつか使って、片方を屋根の形に切りました。子供は自分だけの家にペンキを塗ることに大喜びでした。終わった時にすぐ年の風景に作った家を並んで遊びました。


写真では干し中の家が見えていて、その後アクリルマーカーペンを使い、窓やドアなどのディテールを書きました。


このアクティビティーがうまく行くようにポイントが二つあります!


ポイント1: 公園の中で、近くにペンキの汚れた水又は手がすぐ洗えるところに近くにアクティビティーをするのがおすすめです。


ポイント2: 持ち帰りノフラップチーノなどのプラカップを捨てずに、今度ノお描きパーティーに使いましょう。ふたがしっかり閉まるので、汚れた水がこぼれないし、ストロー野田み作った穴にブラシが余裕で入りますよ!


閲覧数:2回0件のコメント

Yorumlar


bottom of page